育て方

苔リウムの育て方!生き生きとした状態を持続させる3つのポイントとは?

kokeramos

「苔リウムをインテリアとして置いてみたいけれど育て方が分からない」、

「上手く育てられるか不安」、そんなお悩みはありませんか?

この記事では、そんなお悩みを解決する
生き生きとした状態を持続させる3つのポイントについて解説しています!

この記事を読めば、「自分でも育てられそう」と思うこと間違いなしなので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

3つのポイントはこちら↓

①水やりは基本は週1回、換気はできれば毎日5分しよう!

②光は強すぎない&暑くならない方法で!

③半年に1度は剪定しよう!

さっそく詳しく見ていきましょう ^^)

1

水やりは基本は週1回、換気はできれば毎日5分しよう!

霧吹きで水をかける

水やりは基本的には週1回で大丈夫です。

ただし、苔の先端がカピカピしていたり、縮んでしまっているのを見つけたら、追加で水やりを行いましょう。

水やりに対して、蓋を開けての換気は数分でいいので出来れば毎日行えると良いです?

もちろん換気が出来ない日があっても大丈夫です。

特に夏場は換気を意識して育ててみると、安心です♪

2

光は強すぎない&暑くならない方法で!

光の当て方は、強すぎない&暑くならない方法を選びましょう。

光の種類としては主に2つになります。

1つ目は、太陽光

太陽光で育てると、とてもよく育ち、新芽が出やすいです。

太陽光は置く向きに気をつけると○

東向きか北向きの窓辺が良いです。

夏場はカーテン越しだとよりGood

2つ目は、LEDライト

LEDライトは場所を選ばず設置出来るのが、最大の特徴です。

LEDライトと容器の距離は10cm程話して設置しましょう。

光を当てる時間は1日あたり8時間~10時間くらい。

昼間の長さと同じくらいの時間で光を当てることにより、
苔の良い状態を長くキープすることが出来ます。

3

半年に1度は剪定しよう!

苔が大きくなって窮屈そうor茶色く変色してしまった等、
苔に変化が起きてきたら剪定を行いましょう。

目安としては夏場に1回、冬場に1回。

夏場は成長期なので、ぐんぐん苔も伸びます。

なので成長によって大きくなりすぎてしまったもの、
形が崩れてしまったものを剪定します。

また、夏場に剪定し、適度に空間を作ることで風通しが良くなりカビや病気の予防にも繋がります♪

冬場は茶色くなってしまったものを中心に剪定しましょう。

特に苔の先端などは乾燥と湿潤を繰り返すことにより茶色くなりやすい箇所。

茶色くなってしまった部分は緑色に戻ることは無いので、チョキチョキっと切ってしまいましょう。

茶色くなった苔

剪定する時のポイントとしては茶色い部分だけを剪定すること。

先端が茶色くなってしまったとしても個体全体としては、まだまだ元気な状態です。

緑色の部分は残して切る事により、次の季節の成長を促すことにも繋がります?‬

Let’s try!

まとめ:さっそく苔リウムを育ててみよう

今回は、苔の生き生きとした状態を持続させる3つのポイントをご紹介しました!

ほんの少し手をかけてあげることで、苔リウムは立派に育ちますので、ぜひ実践してみて下さいね(*´ `*)

あわせて読みたい
苔リウムの作り方/初めてでも安心5ステップを覚えよう!
苔リウムの作り方/初めてでも安心5ステップを覚えよう!
作成キット
ショップ
ショップ

ABOUT ME
こけらモス
こけらモス
苔リウムのオンラインショップ
2016年:日本大学 生物資源科学部 生命農学科入学 2020年:卒業→公務員 2023年:仕事を退職→大学生の頃から好きだった苔に囲まれた生活をはじめました。 個人・法人問わずご要望に合わせオリジナル作品も作ってます。 InstagramのDMでお気軽にお問い合わせください。
記事URLをコピーしました